項目別 : アカデミック : 目的別 : 地域別 : 町おこし

教育機関、研究所、専門家養成、書籍や研究レポート関連をリンク

★ リンク切れについて ★

2004年5月1日、2度目のリンク切れチェックを行いました。
がついたリンクは、現在応答なしのサイトです。
一時的なサーバーの不具合とも考えられますので、当分の間、保留にします。
半年ほどして、まだリンク切れのようであれば削除したいと思います。



言語 大学/研究所
大阪明浄大学 2000年4月開学、日本で唯一の観光系単科大学。国際観光、観光経営、観光文化、外国語、ホテル経営コース開設。
観光総合研究所
トラベルジャーナルグループが蓄積した観光学データベースをバックに調査研究、コンサルティングを行う研究機関。
国立民族学博物館 民族学、文化人類学の博士課程も併設。教授の石森秀三氏は、日本の持続可能な観光をリードする研究者。
京都嵯峨芸術大学
芸術学部観光デザイン学科
芸大が観光?と思いきや。エコツーリズム、ヘリテージツーリズム、アーバンツーリズムをデザインするのです。
旅の図書館 日本交通公社が運営する観光関連の書籍,雑誌を集めた図書館。論文書きや旅の下調べに重宝。
潟cーリズム・マーケティング研究所 JTBグループ、旅のシンクタンク。バリアフリー研究所では、身体の不自由な人や高齢者に快適な旅をしてもらうためさまざまな活動を。
ツーリズム リサーチ コミュニティ
(Tourism Research Community)
敬愛大学講師が観光を学ぶ人のために開設した情報交換サイト。観光が学べる日本の大学は今や30以上もあるのです。
鳥取環境大学 公設民営方式という新システムをとる新しい大学。研究活動には「持続可能な観光」が。
トラベルジャーナル旅行専門学校 冒険旅行学科、クルーズ学科、テーマパーク学科などユニークな学科が続々登場。研修も豊富。
立命館アジア太平洋大学 観光と開発、エコツーリズム、アジア太平洋観光論など、観光分野が充実。
レジャー・サービス産業労働情報開発センター 学者、業界人、コンサル、NGO・・・さまざまな人たちが余暇、観光、生活スタイル、環境、町づくりを語るレポートが読めます。豊富な情報量で読破するには3日くらいかかりそう。
国際連合大学 渋谷にある国連大学の日本語ページ。各種イベント、セミナー、出版物の案内。
国連ボランティア計画 国連が提供するボランティアプログラム。登録制。
立教大学観光学部 日本初の4年制観光学科を1967年に設置。21世紀は観光の世紀といわれ益々脚光を浴びる学部。
鈴鹿国際大学 国際学部の観光学科では地域活性やエコツーリズムについても学びます。サイパンでの実地研修も。
(財)日本交通公社 観光・リゾート分野のシンクタンク。
金沢工業大学 「敷田麻実研究室」 敷田研究室のメインテーマは「エコシステムマネジメント(生態系管理)」現場を重視した豊富な事例集は必見。県職員としての実務経験やオーストラリアでの留学経験もある国際派。
日本観光研究学会 1986年、”観光に関する研究者の集まり”であることを明示した「日本観光研究者連合」の名称によって設立され、2005年1月600名の会員を有す。
日本国際観光学会 1993年に設立された有識者による組織。会員約200名。
日航財団インターネットホームページ 航空機からの二酸化炭素排出量に関する調査や、インターネットが旅行業界に与えるインパクトなど。
GPSの森 大学関係者たちによる森林でGPSを利用するための情報サイト。インドネシアと屋久島のエコツーリズムを支援しています。
クリステル・デハーン観光リサーチ研究所
(Christel Dehaan Tourim and Travel Research Institute)
世界のツーリズム業界の重鎮、ディハーン女史の寄付によって設立されたロンドンの観光専門研究所。
CRC持続可能な観光リサーチ部門
(Cooperative Research Centre-Sustainable Tourism)
CRCは政府、大学、企業の共同研究を推進するオーストラリアの政府系団体。その中の持続可能な観光分野のウェブサイト。
国連大学
(United Nations University
国連の環境と持続可能な発展のプログラム。
エディット
(EDIT:Exeecutive Development Institute for Tourism)
ツーリズムを勉強したい人、ハワイで短期集中講座をどうぞ。PATAメンバーの推薦で奨学金受給チャンスあり。
観光研究ジャーナル
(The Journal of Tourism Studies)
オーストラリアJames Cook大学編纂の観光ジャーナル。
観光を通じて平和を呼びかける国際団体
(International Institute for Peace Through Tourism)
全てのツーリストは平和の親善大使。旅を通して環境問題や貧困問題に目を向けることが始まりの一歩です。
ストリング
(STRING:Sustainable Tourism Research Interest Group)
持続可能な観光に関するデータベース集。2000年以降のデータがないのが残念。
チャールズ・ダーウィン研究所
(Charles Darwin Foundation)
世界でも類をみない希少な生態系をもつガラパゴスにある国際研究所。大学生向けにボランティアプログラムも募集。
ツーリズム研究ウェブリング
(Tourism Research Webring)
ツーリズム関連の論文リンク集。
ランカシャー大学エコツーリズム学部
(University of Central Lancashire)
エコツーリズム学部をもうけている英国の大学。
ワイカト大学のエコツーリズムページ
(Waikato University's Ecotourism Pages)
ワイカト大学(ニュージーランド)のエコツーリズムのHP
Topへ戻る
言語 出版社/論文/書籍
国土交通省(観光白書) 国土交通省の白書。観光分野の”今”の動向を知るのに最適。
観光経済新聞 エコ旅館のデータベースをインターネットで公開する準備がすすんでいる記事など。
(有)くんぷる 書籍「観光教育」 観光の発展は人材育成が鍵。観光教育を総合的にとらえた本。
観光につける薬 持続可能な観光の概念を紹介する書籍。著者は松下政経塾出身者。
古今書院の書籍 書籍「新しい観光と地域社会」の案内。21世紀マスツーリズムにかわる新しい観光とは?
雑誌「BE-PAL」 小学館のアウトドア雑誌。3月号はエコツーリズム特集でした。BACKナンバーあるかしら?
トラベルジャーナル オンライン版 業界紙トラジャルオンライン版。観光関係の求人情報も。
雑誌「グリーントラベラー 2002年、本邦初(?)エコツーリズムの雑誌が創刊されました。期待してます!
立教観光学研究紀要 立教大学観光学部院生の論文リスト。
パックストン美登利の本 地球の歩き方「エコツアー完全ガイド」著者の書籍リスト。野生動物ボランティア基金サイトの中にある。
NPO/NGO Walker NPO/NGO の活動情報をメルマガで配布。スタディツアーなどの情報をGET!
AERA Mook 観光学がわかる。 観光をあらゆる角度から分析。最新動向がわかる情報凝縮。
家の光 JAグループ家の光協会の出版部。グリーンツーリズムに関する書籍多し。
IDJNET
(International Development Journal website)
国際協力の情報ナビゲーターサイト。エコツーリズムは開発援助の現場で益々重要な役割を担います。
ナショナル・ジオグラフィック
(national geographic:sustainable tourism center)
雑誌「ナショナル・ジオグラフィック」の持続可能な観光を考えるページ
Topへ戻る
言語 エコツアー専門家養成・環境教育
インタープリテーション協会 エコツアーに必須の、自然を案内するガイドになるためには?自然がささやく声ををインタープリター(通訳)するのが仕事です。
NPO法人 国際自然大学校 東京、山梨、群馬に分校をもつ。コースも専門家養成から子供、団体、学校、企業向けと豊富。
(財)キープ協会 環境教育、国際協力にとりくむ八ヶ岳、清里にある農村コミュニティー。1948年米国のポールラッシュ博士によって設立される。
CONE:自然体験活動推進協議会 日本全国の「自然体験活動リーダー育成」団体によるNPO法人
自然教育研究センター これから益々必要とされるインタープリターの普及に努める。大自然を舞台にエンタティメントをプロデュース。
ホールアース自然学校 20年にもわたって富士山麓で自然と環境教育を実践。2002年時点の受入人数は6万にもおよぶ。沖縄にも分校が。
北海道自然体験学校NEOS 自然学校を企画するNPO法人。北海道のエコツーリズムを考える会の事務局もNEOS内に。

     
Topへ戻る
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO