■HOME



私が在籍する大学紹介
(Wageningen University)


これから留学を考えている人、オランダは穴場かもしれませんよ。
私もひょんなことからオランダに来ることになったのですが、この国を選んでラッキーでした。
オランダ語ができなくてもOK。授業は英語がベースです。





長所



学費や物価が英に比べて安い。

  • ユーロになってから割高感は否めませんが、学費、学生用アパート、食費などまだまだお手ごろだと思います。

教授陣が充実。

  • アフリカ、中南米、アジアなどで海外プロジェクトに関わっている教授が多く経験豊か。

施設が充実

  • 学部ごとにある図書館はスペースゆったり。世界中から集められた山のような文献やジャーナルが閲覧できます。
    図書館やPCルームにはインターネット接続のできるPCも完備。
    年会費を納めればプール、最新式のマシーンやバーがあるスポーツセンターも使えます。
    学生用アパート各部屋に光ファイバーのインターネット接続が設置されました。

インターナショナルな環境。

  • 海外からの留学生がとても多い。
    ヨーロッパはもちろんのこと、中南米、ロシア、アジア、アフリカと世界中から学生が集まっています。
    学生用アパートの同じフロアーには、トルコ、ハンガリー、中国、ブラジル、ブキナファソ(アフリカ)、アイルランド、カナダ、オランダ人などが住んでいました。

治安が良い。  

  • もちろん人気のない夜道の一人歩きはご法度ですが、平和なのんびりした町です。

田舎だけど都会。  

  • 空気も水もおいしい森に囲まれた<村>だけど、2時間弱でアムステルダムやスキポール国際空港まで行けるのでとっても便利です。
    北米やオーストラリアと違い車がなくても生活できます。必需品は自転車

オランダ人はつきあいやすい。
  • はじめはとっつきにくく、冷たい印象を受けましたが、信頼できる人たちです。
    約束は必ず守ってくれる、時間やお金を大切にする、プライバシーを尊重してくれるなどなど・・・
    またよく遊び、よく働き、よく学べを実践している人が多い。





 日本人の比率


  • 情報が少ないのか、日本人留学生は少なく私の年度でマスターコースに所属するのはたった一人でした。
    研究員、博士課程在籍者はちらほら。彼らは所属する日本の大学教授の紹介や推薦で来られるようです。


学長会館 ワーゲニンゲンの街並み





関連HP



大学総合案内
ワーゲニンゲン大学(Wageningen University)

大学院留学生用案内
Mscプログラム

研究職向け
リサーチセンター

オランダってどこだっけ?
地図 by lonely planet


もっと詳しく知りたい方は・・・・
「エコツアードットジェイピー」にオランダ留学記を書いてます。写真がいっぱい!



オランダの他大学のことはあまりよく知りませんので詳しくは下記を。

Nuffic
Netherlands organization for international cooperation in higher education





レジャー学について


WICEについて(準備中)


ワーゲニンゲンという町について(準備中)



■HOME



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO